赤沢自然休養林・上松町ぶらりブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS さらに探求、上松町の中山道。

<<   作成日時 : 2019/01/10 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


1月10日木曜日、曇り。
今日は冷え込んだ朝です。
しかも曇天、陽光が差さないので気温が上がりません。

それでも外で仕事をしなくちゃならない時は、頑張らなくちゃいけません。
中山道を歩いて、調べまくっておりますよ。
今日はいつになく、長文です。

昨日から新聞やネットで「上松町の中山道」の話題が出てきて、熱心な歴史ファンの方をはじめ多くのお問い合わせを頂戴します。
とてもありがたいことなのですが、一筋縄ではいかない大変さがあるので、今日は踏査状況の続報をご紹介しましょう。
今すぐにでも歩きたい! でも、ニュースになったコースだけは、どうかご辛抱ください。

今回の調査では、伊能忠敬研究会の皆様に多くのご協力をいただきました。
改めまして、厚く御礼申し上げます。

まずイントロの図です。
上松町の地図に伊能隊が記録した測線(正確には、明治時代の複写)を重ねた画像です。
見事に街道を記録しており、現代の道も、その発展であることがわかりますね。
宿場の中の星印は、逗留中に夜空の星々を利用して現在地の緯度を観測した場所。
実際、ここには本陣があり、江戸時代には多くの旅人(皇女和宮も!)逗留されていた記録もあります。
伊能忠敬は、逗留した家主も記録していますから、子孫を調べてみるのも興味深いかもしれません。

赤い人差し指でマークした地点など、道がないように見えますが、ちゃんと現地には歩ける道があります。
伊能隊の測量技術、恐るべき正確さです。

ならば、現在は道のない山中でも、この地図を頼りに確認してみれば発見があるのかな?
「あるらしいぞ、道が」との当時の上司の声もあり、踏査に至りました。

画像


現地の地図は、こんな感じです。
国道19号線とJR中央線がクロスラインになっていて、現代人の便利な交通網は、そちらに移行。
もう誰も歩いたこともなさそうな山の中です。
赤い線が投影された伊能隊の測線。
この名残を探します。

画像


いきなり目前に道が現れて、「これはいけるか!?」と思ったのですが、現実はそんなに甘くなかった。
道の跡は、間もなく寸断してしまいました。
改めて、現代地図に投影したルートを見てみましょう。

画像


赤いマークをしてある場所、等高線の形と道の形のRが逆向きですね。
これだと空中に道路ができてしまいます。

これほど大きな地形の変化、何が原因かと思ったのですが、歩いてみてわかりました。

画像


明治時代に整備され始めた国鉄の敷設で、擁壁が山肌に入り込み、当時の中山道を削ってしまっているのです。
現代の利便性とトレードオフになった街道、これもまた歴史の記録といえるのでしょう。
また沢とみられる谷では、斜面が削られた場所もありました。

というわけで、実際には中山道を可能な限り踏襲しつつも、現在の地形に沿って歩くことになります。
時々、眼下に中山道と思われる棚が見えたりして、感慨深くなったりします。

画像


文明の利器、スマホに内蔵されたGPSロガーで、実際に歩けそうなルートを踏査した結果が、こちら。
青い線がGPSの軌跡です。
途中、崩壊が著しい箇所を覚えておくため、くるりと歩いて円を描いてあります。
また上半分、北部は完全にJR中央線と重複してしまうので、ガード下をくぐって木曽川沿いに抜けました。

伊能忠敬が歩いた第7次測量は、1809年からと伝えられます。
もう200年も前のこと。
しかも、その後には皇女和宮の大行列が通過したこともあり、街道を整備した可能性もあり得ます。
当時とは若干違いながらも、その面影を偲んで歩けるコースというのが現実的なところでしょうか。

しかし当時の地図を見ると、今回のGPS踏査より標高の高いところへ歩いたような形跡もあり、まだ多くの痕跡が残っているかもしれません。
また追って、調査を続けていきたいと思います。

画像


そうそう、伊能忠敬の測量日誌には「寝覚の床」の眺望よし、と記載されています。
当時から中山道の名勝だったんですね。
また新鮮な視点でご案内できそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上松 旅行情報
上松 旅行情報
さらに探求、上松町の中山道。 赤沢自然休養林・上松町ぶらりブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる