赤沢自然休養林・上松町ぶらりブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 連休はいかがでしたか?

<<   作成日時 : 2014/07/22 11:20   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


7月22日火曜日、晴れ。
どっかーんと暑くなりましたね。
東海地域までは梅雨が明けたとか。
甲信地方も間もなく…今日あたり明けるかもしれません。

太郎「この3日間、梅雨というより真夏の気候になってきたな〜」
美林「太郎ちゃんが出てこなかったから、どうしちゃったかと思ったわ」
太郎「オラの住んでる寝覚の里で、大宮神社の例祭があったんだに」

画像


太郎「大宮神社は天照大神を奉り、小川地区と寝覚地区の氏子たちを護っているぞ」
美林「お祭りは例年、金曜日から始まるのね」
太郎「18日金曜日の夕方に、芸ざらいがあるんだ。氏子たちが披露する地歌舞伎が人気だぞ」
美林「白波五人男は、若手の登竜門ね」
太郎「女形は獅子が演じることが多いけれど、場面によっては『男の娘』もいるぞ」
美林「…別に女装が趣味ってわけじゃないけど、結構楽しんでいたような気が」
太郎「ご、誤解を招く発言は不穏当だぞ」

画像


美林「中老が演じる段ものは、迫力があるわね〜」
太郎「演技の年季が違うからな。お天気が良くて、観覧のお客さんも楽しんでくれたと思うぞ」
美林「芸ざらいが終わると、翌日からが宵祭り、本祭りね」

画像


太郎「祭りの両日、昼間は獅子が氏子の家をまわって、悪魔を祓うだに。祝い唄を歌ったりすることもあるな」
美林「夜になると、神楽が中山道を練り歩くのね。途中、大きく神楽を煽って歓声を上げるのも面白かったわね」
太郎「提灯の火を消さんばかりの勢いで煽るのがお約束だぞ」
美林「そして本祭りの最終夜、神楽は大宮神社へと帰っていくのです」

画像


太郎「委員長が神楽の上で宣言し、ここから神納めに登っていくのだな」
美林「神納めはお囃子の曲調も変わって、厳かな雰囲気になるのね」
太郎「大宮神社への参道は、ものすごい急坂なのだ。疲れ果てた身体には、大変だぞ」
美林「酔っぱらってて勢いで上っちゃうという話も」
太郎「変な茶々は入れちゃだめー! で、神社を回った後、神楽を社殿に納めて、無言のまま振り返らずに一斉に里へ下りるのだ」
美林「置き去りにされた神様が、なんだか可哀想」
太郎「無事に神様を納めて、里の安全を見守っていただく風習だぞ。神秘的なんだぞ」
美林「大切な習わしなのかもしれないわね」

美林「というわけで、無事に寝覚のお祭りが終わりました」
太郎「例祭が終わると、梅雨明けの時期だぞ」
美林「さて、今年も夏の節目になるかしら? 神様〜」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上松 旅行情報
上松 旅行情報
連休はいかがでしたか? 赤沢自然休養林・上松町ぶらりブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる